井上会計事務所について よくあるご質問

Q) 顧問料はどのように決まるのでしょうか?

井上会計事務所では、基本的に事業規模、事業内容等をもとにして、お客さまとお話し合いのうえで顧問料を決めさせていただいています。それぞれお客さまの事情は異なりますので、できるだけお客さまのご要望に沿うよう努めています。法人、個人さまお気軽にご相談ください。

Q) 年一度、決算だけお願いすることは可能でしょうか?

できるだけお客様のご要望にお応えしたいと考えています。節税をお考えなら、十分余裕をもって決算対策を行うことをお勧めいたします。切羽詰まっての決算は、なかなか十分な対策をとることができない場合があります。費用に関しましては、決算対策や記帳の有無等、ご相談して決めましょう。

Q) パソコン会計ソフトを入れないとだめですか?

井上会計事務所では、記帳代行も承っておりますので、パソコン会計ソフトの導入は関与条件とはなりません。伝票整理、基礎資料等の準備のご説明を行い、月次の処理に入ります。
  一方で、パソコン会計ソフト、販売管理等のソフトの導入をお考えのお客さまには、導入段階からのご相談から対応いたしております。

Q) 税理士さんに直接訪問してもらいたいのですが..。

井上会計事務所では、必ず税理士が直接お客さまをご訪問いたします。 お客様にとって「今、何が大切で必要なのか」、それを念頭に置き、お客様の目線に立った信頼される相談相手であることを心がけています。
 一般の月次監査はもちろん、はやめはやめの決算対策や税務申告準備、ご要望によって相続対策なども絡めて参ります。

 ■ 井上会計事務所のサービスメニューもご覧ください。

Q) 訪問時には、どのようなことをしてもらえるのですか?

お客様のご希望によって多少内容は変わりますが、お客様に関係する税務、会計情報のご提供や特に消費税の課税区分を含めた記帳・会計処理のご指導、試算表や分析帳票をご説明し問題点を明らかにいたします。とくに早め早めの決算対策には重点をおいています。

経営者の皆様との信頼関係を築くことを大切にしています。経営全般にわたるご相談から、相続対策など承っております。井上会計事務所は、税理士を中心に、弁護士、司法書士、行政書士、社会保険労務士など各分野のエキスパートがそれぞれ連携して、お客様の問題解決や経営・資産管理・節税等における高品位のサービスを提供しています。

Q) 期の途中からでも関与は大丈夫でしょうか?

まったく問題ありません。他の会計事務所から移られたお客さまの場合、経過月においてすでに試算表や元帳があるのでしたら、そこで一度残高を確定させて月次処理を開始することも可能です。帳票関係等シームレスに対応できます。
  また元帳や試算表等がない場合でも、井上会計事務所で、「経過月分のデータ」を作成しますので、ご心配ありません。
  期の途中からですので、顧問料や決算料等の費用に関しましては、お話し合いで決めましょう。お気軽にご相談ください。

  

企業を取り巻く環境は大変厳しい状況にありますが、「お客様との信頼関係を構築し、常にお客様にとって最高のサービスを提供する」という基本理念の下、経営者の皆様にとって、本当に役に立つ事務所を目指してまいります。