相続税について よくあるご質問

Q) 相続税はいくらまで税金がかかりませんか?

相続税で税金がかからないのは、「3000万円+(600万円×相続人の数)」です。

例)4人家族でご主人他界 相続人妻と子供2名

3000万円+(600万円×3人)=4800万円   この例ですと4800万円までは税金がかかりません。

Q) 配偶者が相続すると相続税はさがりますか?

はい、相続税額はさがります。配偶者が相続すると通常よりもかなり税金が少なくなります。理由は、財産形成が夫婦二人三脚であること。二次相続が比較的早いことです。財産総額や相続人数により若干異なりますが、基本的に1億6000万円まで税金がかかりません(これは上記の質問の控除額とは別です)。

Q) 相続税の申告はいつまでにするんですか?

相続開始日から10ケ月以内に申告と納税をします。申告書の提出先は、被相続人の死亡時における住所地の所轄税務署になります。この時、配偶者の税額軽減や小規模宅地の減額特例を使って、相続税がかからなくなった場合でも、申告書を提出しなければならないことにご注意ください。

Q) 相続税と贈与税はどっちが得でしょうか?

財産規模等にもよりますが、一般的には、贈与税の方が高いです。勿論、ケースバイケースですが・・・・。相続対策をお考えの方は、事前に井上会計事務所へご連絡ください。相続対策は早めに手を打つのが得策です。